米国株オプション取引実践記

株式オプションを使ったローストレス資産運用の記録

2021/11/15週の米国株オプション取引(確定利益$443、含み損$-27,638)

f:id:tanac123:20211120205556j:plain

先週はダウ低下、S&P横ばい、ナスダックは上昇とまちまちでした。VIXは17.9です。

長期金利の上昇が落ち着いたためか先週はナスダックが上昇しました。グロース株優位の中で、私の保有するグロース株は更に下落し含み損を膨らませました。プット2銘柄が権利割当されて株保有になり、現金残高が更に削られました。厳しい状況です。ここから年末に向けて反騰を期待しますが、建値回復までには長期戦の覚悟が必要になりそうです。

12月FOMCでテーパリング加速が検討される方向とのことです。これが実施されるとしたら利上げ時期が相当早まる可能性があり、株価にある程度影響するのではないかと思います。グロース株を早めに手放したいです。。。

www.bloomberg.co.jp

 

このブログについて

このブログでは米国株オプションを使った資産運用を実践しています。マイナーなオプションという金融商品を使い、ストレスの少ない取引で月平均1%の利益が目標です。

【注意】ティッカーシンボルは先頭1文字だけ公開しています。

 

先週(2021/11/15~11/19)の取引です。

実現損益

■オプション

銘柄 実現損益($)
A Nov19 56 Call 128
B Nov19 63 Call 52
E Nov19 134 Put 権利割当
J Nov19 160 Put 108
M Nov19 325 Put 155
Z Nov19 260 Put 権利割当

先週は$443の利益でした(手数料別)。

Eプット、Zプットが権利割当され株保有となりました。Z株の保有は200株で平均建値は310ドルになりました。来週Zの決算発表があります。良い数値であることを祈っています。

保有銘柄

■オプション(売建)

銘柄 評価損益($)
F Nov26 330 Put -109
M Nov26 177.5 Put 0
V Nov26 225 Call 68
P Dec03 250 Call 46

■株式(買建)

銘柄 評価損益($)
A -1,976
B -1,916
E -82
M -1,672
P -10,753
V -2,264
Z -11,380
RPRX ($43x300) -432
BKKT ($15x600) 2,832

含み損は現状$-27,638です。

保有株を大量に抱える状況になり、現金残高の方は残り少なくなってしまいました。厳しいですね。。。

資産状況

2021/11/20時点の資産状況です。

f:id:tanac123:20211120205618p:plain

資産状況2021/11/20

f:id:tanac123:20211114104947p:plain

資産状況2021/11/13

流動性資産価値は32,455,016円です。

E株、Z株の新規保有で現金から株式に資産が移動し、USD現金残高がマイナスになってしまいました。来週から支払い金利が発生することになりそうです。

USDの利息が93ドルとなっているのは、貸株による金利を受け取っているためです。最近、IB証券の「株式利回り向上プログラム」というものに参加し、保有株を貸し出すことによって金利を受け取れるようになりました。株を借りたいという投資家の需要があってこその受取金利なので、いつも得られるものではないと考えていますが、結構もらえるんですね。

今週は以上です。