米国株オプション取引実践記

株式オプションを使ったローストレス資産運用の記録

2021/5/17週の米国株オプション取引(確定利益$1,259、含み損$-15,273)

f:id:tanac123:20210522224131j:plain

先週も米株は週初に下落したものの週末にかけて回復し下髭を付けました。VIXは20.1です。

先週は4月FOMCの議事要旨をきっかけに相場が下がりました。一部メンバーが「FOMCの目標に向けて経済進展が継続すれば、今後の会合で、資産買い入れペースの調整討議を開始することが適切になる可能性がある」と指摘したことが市場を動揺させました。テーパリングの文字が議事録に載った!という驚きです。

しかし4月雇用統計発表前のFOMCなので悪い数値の発表を受けて状況が変わっているかもしれません。また以下の記事によると5月の雇用統計も弱い数値になる可能性があるそうです。人材不足の構造的な問題がありすぐに解消しないとのこと。

jp.reuters.com

とはいえ、議事録にテーパリングの文字が出てきたことで道筋が敷かれた感があります。「封印を解いた」と表現するメディアもありました。今後雇用が伸びてくると、いよいよテーパリングが近づいてきそうです。

 

このブログについて

このブログでは米国株オプションを使った資産運用を実践しています。マイナーなオプションという金融商品を使い、ストレスの少ない取引で月平均1%の利益が目標です。

【注意】ティッカーシンボルは先頭1文字だけ公開しています。

 

先週(2021/5/17~5/21)の取引です。

実現損益

■オプション

銘柄 実現損益($)
A May21 117 Put 144
C May21 222.5 Call 権利割当
F May21 300 Put 235
M May21 245 Put 160
RPRX May21 40 Put 150
W May21 134 Put 290

■株式

銘柄 実現損益($)
C 280

先週は$1,259の利益でした(手数料別)。

前週保有したばかりのC株が急回復しコール決済されました。

5銘柄のプットはすべて利益化しましたが、行使価格をギリギリ上回った銘柄が複数あり危うい展開でした。

保有銘柄

■オプション(売建)

銘柄 評価損益($)
A May28 123 Put -34
E May28 135 Put 246
T May28 175 Put 125

■株式(買建)

銘柄 評価損益($)
A -3,024
Z -9,760
RPRX ($43x300) -690
VIH ($13.75x600) -2,136

含み損は現状$-15,273です。

先週はグロース株が全体的に回復したように思いました。保有するA株、Z株も上昇して含み損が少し減りました。Zの決算発表が近づいてきて今後どう手を打つか考え中です。コールを売るのは決算発表を見てからにしようかとも考えています。

資産状況

2021/5/22時点の資産状況と前週の状況です。

f:id:tanac123:20210522233202p:plain

資産状況2021/5/22

f:id:tanac123:20210516002537p:plain

資産状況2021/5/15

流動性資産価値は30,358,625円です。

C株の決済で株式から現金に資産が移動しました。

またRPRXの配当が確定したので受取予定配当金欄に数値が入りました。

 

今週は以上です。