米国株オプション取引実践記

株式オプションを使ったローストレス資産運用の記録

【取引記録】2020/8/10週の取引(確定利益$575、含み損$-3,810)

f:id:tanac123:20200815200057j:plain

先週も米株は上昇しS&P500は最高値に迫りました。VIXは22.1と変わらずです。

株は強さを維持しています。高値警戒感を感じますが、大統領選やワクチン開発の結果が判明するまではまだまだ時間があり、ここ直近で株価が下落する要因は見当たらないように思います。今の流れが変わるのは9月頭のLabor Dayか、9月中旬のメジャーSQか、いずれにしても8月末までは今の強さを維持してくれると思っています。

ですが、ショックは誰も下落するなど考えもしてない時に起こると言いますので、警戒感は常に持っておく必要があります。

 

このブログについて

このブログでは米国株オプションを使った資産運用を実践しています。マイナーなオプションという金融商品を使い、ストレスの少ない取引で月平均1%の利益が目標です。

【注意】ティッカーシンボルは先頭1文字だけ公開しています。

 

先週(2020/8/10~8/14)の取引です。

実現損益

■オプション

銘柄 実現損益($)
A Aug14 235 Put 110
M Aug14 165 Call 権利割当
P Aug14 36.5 Put 150
V Aug14 182.5 Put 204

■株式

銘柄 実現損益($)
M 111

先週は合計$575の利益でした(手数料別)。

保有株Mがとうとうコール決済されました。先週株価が急上昇してコール行使価格を上抜けし、そのまま満期を迎えました。M株の保有は約半年で、その間のオプション利益は総額3,385ドルでした。最悪期はM株だけで-15,000ドル超の含み損でしたので、よくここまで回復したなと感じます。

保有銘柄

■オプション(売建)

銘柄 評価損益($)
B Aug21 59 Put 164
E Aug21 73 Put -45
O Aug21 54 Put -20

■株式(買建)

銘柄 評価損益($)
I -3,850
RPRX ($46x100) -59

含み損は現状$-3,810です。

プットを3銘柄売っています。これまでと比べて株価から近めの行使価格を売りました。権利行使されるリスクは高まりますが、少しでも高いプレミアムを得るには仕方ないかなと考えました。その代わり資金管理面では余裕を持たせています。E株やO株は行使価格間近まで株価が下がってきているので来週は株保有になるかもしれません。

RPRXは決算発表がありましたが、あまり大きな動きは出ませんでした。広瀬氏の解説で良い決算内容だったと理解したので今後も保有し続けます。今後もし下落するような場面があったら買い増ししようと思います。

資産状況

2020/8/15時点の資産状況と前週の状況です。

f:id:tanac123:20200815200719p:plain

資産状況2020/8/15

f:id:tanac123:20200808184001p:plain

資産状況2020/8/8

流動性資産価値は27,819,967円です。

保有株Mの決済で株式価値が減り現金残高が増えました。

キャッシュポジションが9割近くになり本来なら積極的にリスクを取りにいくべき状況ですが、高値警戒から迷いがあります。8月一杯は現状の高値を維持してくれるだろうと考えていますが、それでも強気のプット売りは出来そうにありません。。。

 

今週は以上です。