米国株オプション取引実践記

株式オプションを使ったローストレス資産運用の記録

2022年3月の実績まとめ

f:id:tanac123:20220402064241j:plain

資産運用2022年3月の実績をまとめます。

 

このブログについて

このブログでは米国株オプションを使った資産運用を実践しています。マイナーなオプションという金融商品を使い、ストレスの少ない取引で月平均1%の利益が目標です。

【注意】ティッカーシンボルは先頭1文字だけ公開しています。

 

目標と実績の定義

目標と実績の数値は次のように決めています。

  • 目標:月初の流動性資産価値をベースとし、その1%を利益目標にします。
  • 実績:月間の売買損益、受取済み配当、確定した金利、諸費用の合計とします。

 

なお流動性資産価値とは、 現金残高+株式価値+オプション価値+未払い利息+未受取り配当です。今この瞬間、ポジションを全部決済して日本円に現金化した場合の金額を表します。毎週の取引記録でも流動性資産価値で資産状況を示しています。

 

2022年3月の実績

項目 2022年3月 2022年累計
月初流動性資産価値 25,704,470 -
入出金 4,000,000 3,300,000
実績 株式 173,155 -1,823,424
オプション 326,224 1,073,651
為替 -17,084 -68,356
配当 68,854 93,627
源泉徴収税 -5,986 -8,463
金利 2 27,640
諸費用 -517 -1,573
(a)合計 544,648 -706,900
目標 (b)目標1% 297,045 868,057
達成率(a/b) 183% -81%

※金額は日本円

 

3月の実績は約54万円の利益で、対目標で183%でした。

3月相場は前半軟調でしたがSQ週を境に一転し後半は大きく上昇しました。これまで数カ月続いた下降トレンドは終わったという観測のもと、資金を400万円追加し少し強気にカバードコールを実行しました。

利上げやQTという金融引き締めがこれから本格化することや、逆イールドが発生したことなど将来不安は多々ありますが、不透明さはもう十分織り込んでいるように思い、むしろ金融政策が明確化されていくに従い底硬さが強まっていくのではないかと考えます。