米国株オプション取引実践記

株式オプションを使ったローストレス資産運用の記録

2021年2月の実績まとめ

f:id:tanac123:20210304223452j:plain

資産運用の2021年2月の実績をまとめます。

 

このブログについて

このブログでは米国株オプションを使った資産運用を実践しています。マイナーなオプションという金融商品を使い、ストレスの少ない取引で月平均1%の利益が目標です。

【注意】ティッカーシンボルは先頭1文字だけ公開しています。

 

目標と実績の定義

目標と実績の数値は次のように決めています。

  • 目標:月初の流動性資産価値をベースとし、その1%を利益目標にします。
  • 実績:月間の売買損益、受取済み配当、確定した金利、諸費用の合計とします。

 

なお流動性資産価値とは、 現金残高+株式価値+オプション価値+未払い利息+未受取り配当です。今この瞬間、ポジションを全部決済して日本円に現金化した場合の金額を表します。毎週の取引記録でも流動性資産価値で資産状況を示しています。

 

2021年2月の実績

項目 2021年2月 2021年累計
月初流動性資産価値 28,661,586 -
入出金 0 -1,000,000
実績 株式 42,897 127,814
オプション 410,832 969,303
為替 96,755 94,599
配当 0 0
源泉徴収税 0 0
金利 75 279
諸費用 -484 -949
(a)合計 550,075 1,191,046
目標 (b)目標1% 286,616 570,238
達成率(a/b) 192% 209%

※金額は日本円

 

2月の実績は約55万円の利益で、対目標で192%でした。

鬼門の2月が終わりました。月末にまとまった下落が来ましたが、それまでにかなり上昇していたので月間では上髭陽線となりました。

取引としては2月も淡々とプット売りを実行しました。たとえ権利割当されてもいずれ株価は戻ってくるとの考えからプット売りのペースは落とさなかったので、2月実績は目標を上回ることができました。

2月末からの下げは3月に入って更に厳しくなっていて現状大きな含み損状態になっています。いずれ株価は戻るとの考えは変わってないので、それまでひたすら待ちつつ残りのキャッシュを使って最大限利益を取っていきたいと思います。